鼻の黒ずみをなくそうガイド

鼻の黒ずみを内側から対処することについて

 

鼻は顔の中でも目立つところですが、毛穴に老廃物などが詰まってくると、全体的に黒ずんで目立ってきてしまいます。
この老廃物については、肌の外部から刺激を与えることで、直接的に排出を促す方法は、効果は高いのですが、毛穴の開きを大きくしてしまう恐れもあり、かえって老廃物がたまりやすくなる可能性もあります。

 

一方、徐々にではありますが、毛穴の老廃物は、自然に排出される作用があります。顔の肌の新陳代謝を高めて、このような作用を促すようにすれば、毛穴を余計に開かせること無く、黒ずみを少なくすることができるのです。

 

 

夏の毛穴の黒ずみを防止

 

 

スキンケアのイラスト

夏は特に鼻の毛穴の黒ずみができやすい季節です。
日本の夏は温度、湿度共に高くなるので、皮脂の分泌も多くなります。その結果毛穴が詰まって角栓ができてしまいます。更に角栓が酸化することで黒や茶色になり、より毛穴が目立ちます。

 

また、冷房の効いた室内にずっといると乾燥して水分が減り、肌からハリが失われることで毛穴が開いてしまいます。
こういった事態を避けるには、メークをきちんと落とす必要があります。もしメークを落とさずに寝てしまうと、汚れが溜まるばかりか化粧品が酸化したり雑菌が繁殖したりするので肌に良くありません。

 

 

目立つ毛穴や黒ずみ

 

鼻のケアに悩みをお持ちの方は多くいるのではないでしょうか。鼻は常に皮脂が詰まりやすく、毛穴も大きくなってしまいがちです。また、詰まった皮脂が酸化することで、毛穴が黒く見え、ますます汚らしく見えてしまいます。

 

毛穴をなくす方法は、色々とあるようですが、ケアをしすぎないという点も大事なようです。あまりいじらずに、毎日の洗顔を優しく行うようにしましょう。

 

なかなかすぐには効果が出ないようなので、長期的にこつこつと、鼻の毛穴や黒ずみをなくしていけるように努力しましょう。また、油の多い食品なども避けるようにすると効果的でしょう。

 

 

丁寧な洗顔方法

 

鼻の黒ずみは、過剰な皮脂によって毛穴の汚れがたまることが原因です。皮脂が過剰に分泌される原因は、ストレスや不規則な生活による新陳代謝の乱れが原因とされています。

 

鼻の黒ずみを取り除くには、専用のパックや毛穴ブラシを使用する方法もありますが、普段の洗顔方法を変えるだけでも効果があります。まず、洗顔するときの水は、冷水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使用します。

 

その後、洗顔料やせっけんをしっかり泡立たせてやさしく肌をマッサージするように洗顔します。顔に直接触れずに、泡で肌を洗うように心がけることが大事です。